• ホーム
  • 名古屋で避妊、モーニングアフターピルと低用量ピル

名古屋で避妊、モーニングアフターピルと低用量ピル

2019年09月19日
微笑んでいる女性

名古屋で緊急避妊をする場合には婦人科を受診するのが一般的なのですが、犯罪に巻き込まれた場合には救急医療機関に指定されている病院を受診することでモーニングアフターピルの処方を受けることができます。
名古屋には婦人科のクリニックが非常に多くあるので、これらの病院に通院をしていると緊急避妊が必要なときに迅速な対応をすることができるのですが、かかりつけ医がない場合には血液検査などをしてから処方されるので診察時間が長くなる可能性があります。

モーニングアフターピルはなるべく早く服用しなければならないので、名古屋でかかりつけの婦人科を確保しておくことが大切です。
モーニングアフターピルと低用量ピルの違いは女性ホルモンの量だけなのですが、これらの薬の有効成分の量が4倍もの違いがあるので、緊急避妊でない時にモーニングアフターピルを服用することは避けなければなりません。
また血栓症のリスクにも違いがあるとされていて、喫煙をしている女性がモーニングアフターピルを服用すると低用量ピルの2倍のリスクがあるとされているので、事前のアンケートで喫煙を日常的にしていることがわかるとピルの処方が受けられない場合があります。
ピルを服用する場合には禁煙をするのが一般的で、タバコに含まれているニコチンによって血栓が作られやすくなるのでリスクを避けるためには禁煙をしなければならない場合があります。
またお酒やビールなどのアルコール飲料を飲み過ぎている女性も体が脱水症状を起こしやすいので血栓が血管に詰まりやすくなるので、飲み過ぎには注意をしなければなりません。

副作用に関しては低用量ピルにもありますが、モーニングアフターピルに比べると起こりにくいとされています。