• ホーム
  • 女性に負担が少ないモーニングアフターピルはあるのか

女性に負担が少ないモーニングアフターピルはあるのか

2019年08月20日
悩んでいる女性

モーニングアフターピルとは、性行為後にできる緊急避妊薬のことです。
これは女性がピルを服用することによって効果が得られます。
モーニングアフターピルは性交渉時の避妊に失敗した時や希望しない妊娠を避けるために使われる薬です。
生理期間中以外の毎日飲み続ける低量用ピルとは異なり、中容量ピルであるためホルモンバランスの急激な変化が伴います。
モーニングアフターピルの避妊率は約80%と言われており、排卵を抑制したり遅らせたりして受精を妨げる働きをします。
モーニングアフターピルの服用により不妊症や後遺症を引き起こすことは無く、安全性の高い避妊法の一つと言われています。
ただ、性交渉後から72時間以内に飲まなければ効果が発揮されないという点には注意が必要です。

モーニングアフターピルの主な副作用には吐き気やめまい、頭痛や倦怠感、腹痛やイライラ、むくみや出血量の増減などが挙げられます。
中でも多くの人が感じると言われる吐き気です。
一般的に副作用は時間とともに和らいでゆき、24時間以内には収まります。

モーニングアフターピルにはヤッペ法とノルレボ錠という二種類があり、ヤッペ法の方が副作用が強いと言われています。
ノルレボ錠はヤッペ法を改良したもので、厚生労働省が緊急避妊専用の錠剤として許可を出しています。
そのためノルレボ錠はヤッペ法のものよりも副作用が少なく、吐き気もほぼないと言われています。
ノルレボ錠は三千円から一万五千円ほどで手に入れることができます。
クリニックによって値段が大きく変わりますが、これは保険適用外の自由診療に含まれるからです。
ピル自体の質や効果とは関係がありません。

クリニックに行く以外に、通販で入手するという方法もあります。